きったんの なんでもブログ

枯れ木に花を咲かせましょう

「本・音楽」の記事一覧

老眼鏡は火野正平のクリックリーダーか石坂浩二のハズキルーペか

いつも使う普通の眼鏡とは違い、手元の細かい文字を読むときだけに使う拡大鏡の老眼鏡。 書店などにも、拡大度数順に置いてあるので、どのくらいの度数が読みやすいか確認できる。 拡大鏡だから、それほど価格も高くはない。 着脱が面 […]

メディアで人気者になる条件は

今マスメディアで人気の人は、林修とホリエモンと百田尚樹 かって気ままに生きているような共通点が有る。 マスコミや政治家や学者や会社員は、、本音と建前を使い分けるから嫌いという似たものどうし。 大放言という本が大ヒット中の […]

ホリエモンは、日本のイーロン・マスクには成れなかったが

「もし」や「たら」は言っても意味が無いとは言うものの、 ホリエモンに、この7年間の空白が無かったなら世界は変わったかも知れないと思うのは私だけだろうか? 堀江貴文の新刊「ゼロ」が評判だ。 なにもない自分に小さなイチを足し […]

読みたい本の入手どうしてますか?

読みたい本の入手には、  どんな本が読みたいのかを探す。  どこで本を手に入れるかを決める。 貴重品だった本も誰でも安価に購入できるようになり、すっかり使い捨ての文化の一員となりました。 持たないを徹底するなら、電子書籍 […]

音楽公演は新しい発見の場

震災後あまり東京へ行かなくなった。 往復の交通費や食事代の事も有るが、気分がのらないのが一番の理由だが。 ケニーGの公演:2010年05月24日 先週ケニー・Gの公演を聴いてきた。 いがいと陽気で茶目っ気がある。 しみじ […]

音楽は変化が早いカテゴリーだった(購入したCDの今)

音楽のカテゴリーで過去購入したCDを見ていると、最近は、どう?というものも。 どんなに良くても、いつも聞いていると飽きがきます。 そして聞かなくなって、、でもたまに聞いた時、またいいなあと それで捨てられないものが多いで […]