きったんの なんでもブログ

枯れ木に花を咲かせましょう

「本・音楽」の記事一覧

老眼鏡は火野正平のクリックリーダーか石坂浩二のハズキルーペか

いつも使う普通の眼鏡とは違い、手元の細かい文字を読むときだけに使う拡大鏡の老眼鏡。 書店などにも、拡大度数順に置いてあるので、どのくらいの度数が読みやすいか確認できる。 拡大鏡だから、それほど価格も高くはない。 着脱が面 […]

メディアで人気者になる条件は

今マスメディアで人気の人は、林修とホリエモンと百田尚樹 かって気ままに生きているような共通点が有る。 マスコミや政治家や学者や会社員は、、本音と建前を使い分けるから嫌いという似たものどうし。 大放言という本が大ヒット中の […]

マダム・マロリーと魔法のスパイス

マダム・マロリーと魔法のスパイスという映画、あまり期待をしていなかっただけに大収穫の映画だった。 「まほろ」や「あまちゃん」つながりで毎週映画を見ている。 あはは、おもしろいと映画も見出すと止まらない。 今週の映画は、フ […]

電子書籍は競争激化で、ほとんどタダの世界に入ったようだ

売れても売れなくても費用は殆ど同じの電子書籍。 電子書籍は競争激化で、ほとんどタダの世界に入ったようだ。 専用アプリしか入れられない電子書籍専用リーダーの普及に、楽天もアマゾンも力を入れている。 それで、いかに沢山使って […]

映画「鑑定士と顔のない依頼人」

なんにも無くなって本当は幸せだったのかも知れない鑑定士。 贋物を見抜くプロの鑑定士が、一生の宝物として貯めたコレクション。 贋物の愛によって、すべて無くしてしまう物語。 詐欺師集団に狙われた老鑑定士の悲しい末路の物語なの […]

映画「麦子さんと」と「永遠の0」

水琢こと松田龍平が出ている「麦子さんと」 黒田官兵衛こと岡田准一が出ている「永遠の0」 後味の良い映画を二つ連続して見た。 どっかで見たこと有るよなーの「麦子さんと」 なんとなく、アマチャンにも似ている。 団塊の世代には […]

ホリエモンは、日本のイーロン・マスクには成れなかったが

「もし」や「たら」は言っても意味が無いとは言うものの、 ホリエモンに、この7年間の空白が無かったなら世界は変わったかも知れないと思うのは私だけだろうか? 堀江貴文の新刊「ゼロ」が評判だ。 なにもない自分に小さなイチを足し […]

ネットで雑誌のちら読みをするようになった

定期的に発行される雑誌や週刊誌は、本屋で時間つぶしがてらパラパラ眺めていた。 どんな雑誌が今出ているのかな、どんな話題が流行っているのかな と。 見終わったら捨てるものと言えば新聞、一日の寿命も無い。 雑誌・週刊誌も似た […]

楽天スーパーセールとLESPORTSAC 2013 SPRING/SUMMER style1( ハローデイジー)は関係ある?

楽天スーパーセールが明日3月3日0時から始まるので、 一部の人達はお気に入り登録に忙しい土曜日となっているようです。 事前のタイムセールの予告広告に、 限定数量の商品をゲットしようと事前に品調べをして、 めぼしいものをお […]

読みたい本の入手どうしてますか?

読みたい本の入手には、  どんな本が読みたいのかを探す。  どこで本を手に入れるかを決める。 貴重品だった本も誰でも安価に購入できるようになり、すっかり使い捨ての文化の一員となりました。 持たないを徹底するなら、電子書籍 […]

タブレット端末に適したアプリケーションはやっぱり電子書籍

使いにくい代名詞だったタブレット端末が以外と普及をし始めている。 少し前までは、携帯もパソコンも、みんなスマートフォンに統合されるような勢いだったのが、 タブレット端末が一番使いやすいのでは というアプリケーションもいろ […]

音楽公演は新しい発見の場

震災後あまり東京へ行かなくなった。 往復の交通費や食事代の事も有るが、気分がのらないのが一番の理由だが。 ケニーGの公演:2010年05月24日 先週ケニー・Gの公演を聴いてきた。 いがいと陽気で茶目っ気がある。 しみじ […]